ここでは、非正規労働者が対象となるキャリアアップ助成金(正社員化コース)についてお伝えします。

キャリアアップ助成金
(正社員化コース)

制度概要

キャリアアップ助成金とは、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、正規雇用労働者に転換、または直接雇用した事業主に対して助成する制度です。

支給要件

対象となる労働者

・有期雇用労働者
雇用される期間が通算して6か月以上の有期雇用労働者(雇用された期間が通算して3年以内の者に限る)

・無期雇用労働者
無期雇用労働者として雇用される期間が6ヵ月以上の無期雇用労働者(雇用された期間が通算して3年以内の者に限る)

・派遣労働者
6か月以上の期間継続して派遣先の事業所、その他派遣就業場所ごとの同一の組織単位における業務に従事している、有期派遣労働者または無期派遣労働者

・雇用保険に加入し、支給申請日まで雇用保険被保険者として継続して雇用していること

・事業主または取締役の3親等以内の親族でない方

・正規雇用労働者として雇用することを約して雇い入れられた労働者ではないこと

対象となる事業主

・有期雇用労働者を無期雇用労働者、または無期雇用労働者に転換、および無期雇用労働者を正規雇用労働者に転換する制度を規定し、それに基づき転換実施した事業主であること

・助成金の制度を理解し、虚偽なく実施・資料準備を行っている事業主であること

・労働保険料を遅滞なく納入していること

・雇用保険適用事業所の事業主であること

・勤怠、給与の管理と整備を行っていること

・直近で会社都合の離職者(解雇者)がいないこと

支給額

下記のように非正規雇用労働者(派遣労働者)の転換・直接雇用を図ることで、助成金を受給することができます。

表は横にスクロールできます

転換または
直接雇用
1人当たりの
助成額(中小企業)
1人当たりの
助成額(大企業)
有期→正規 57万円<72万円> 42万7,500円<54万円>
有期→無期 28万5,000円<36万円> 21万3,750円<36万円>
無期→正規 28万5,000円<36万円> 21万3,750円<36万円>

令和3年4月1日現在※

<>内は生産性向上が認められる場合の額
①~③合わせて1年度1事業所当たり20人まで

  • 派遣労働者を派遣先で正規雇用労働者または多様な正社員として
    直接雇用した場合に助成額を加算

    ①③:1人当たり28万5,000円<36万円> (大企業も同額)

  • 母子家庭の母等または父子家庭の父を転換等した場合に助成額を加算
    (転換した日において母子家庭の母等または父子家庭の父である必要があります)
    ①:1人当たり95,000円<12万円> ②③:47,500円<6万円>(大企業も同額)

  • 勤務地限定・職務限定・短時間正社員を新たに規定し、当該雇用区分に転換または直接雇用した場合に助成額を加算
    (1事業所あたり1回のみ)
    ①③:1事業所当たり95,000円<12万円>(71,250円<9万円>)

その他上乗せ加算など

上記キャリアアップ正社員化コースが支給決定され対象者を継続雇用した場合に、東京都の事業所のみ追加申請をすると加算して受給することが可能です。

東京都正規雇用等転換安定化支援助成金

対象者に応じ、下表に定める金額を事業主へ交付します。

対象労働者数 金額
1人 20万円
2人 40万円
3人以上 60万円

  • 本助成金の申請は1年度につき1事業所3回、かつ1事業所3人までを限度とします。